01/23/2023(MON)
 新年になったかと思えば、1月もあっという間に終わりそうだし、大相撲の初場所も終わってしまって、最早もう2024年になってしまうのではないか(それはさすがに早い)。あまりにもぼんやりしすぎてしまっている気がするが、例年どおりのような気もするので、このままのペースでいこうかと思う。

 この前少し暖かくなったなあ、と思ったら、またしても大寒波がやってきて、どうやら寒さのせいで私の足の痺れの調子は左右されるらしい。痛い。日々、ビリビリと付き合っている。いつかこの痺れはなくなるのだろうか。不安だ。足が調子悪いと、出かける気にもならない。いや、あんまり普段から出かけないけど。しかし、重いものを持たなければいけない仕事はしんどい。どうにかならんものか。


 01/06/2023(Fri)
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 あっという間に2023年である。というか、もう6日過ぎていた。遅い新年の挨拶で本当に申し訳ございません。三が日はだらだらしていたのだけれど、久々に家族が揃っていて、まったくパソコンに触る時間がなかったのであった。姪が数年前に生まれたのだけれど、すぐにコロナ禍になったせいで、実は2回しか会ったことがなく、今回で記念すべき3回目の対面だったのである。すっかりデカくなっていて、驚いている。その驚きよりも、自分が姪に対して全然愛着が湧かないことに驚いている。3回しか会っていないというのもあるだろうけど。周囲にいる、おじさんおばさんになった人たちには、甥姪は可愛いよ!と力説されていたのだが、まったくそんな気配はない。私の人見知りが爆発している。もうこれから一生会うことがないかもしれない。

 新年から、ものすごいネガティブなはじまりであるが、でもまあ、それでも、仲良くなりたいなあ、とは思っているので、多少は前向きになっている。

 今年はどうしていこうか、と考えていたのだけれど、とりあえず文学フリマ岩手に出ることにしたので、頭の片隅にでも覚えていていただければ、と思う。新しい本を作る計画をたてまして、今になって10数年前に書いたものを読み返しているところである。思ったよりも、量がある…。





2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
TOP